「ぼくたちの教室はぼくたちの手で」
子ども達が、教室の壁面飾り(誕生壁面・壁面製作)を構成し製作します。
技法遊びで見立てをすることから、
共通のテーマの中で個々を十分に発揮し、
更には互いに協力し合う活動です。
表現活動の一端として、子ども達の主体性と、
子ども同士のコミュニケーションの場を育みます。
学期に1回程度取り組みます。

1学期のぬたくりはダイナミックに絵の具で遊ぶことで、
気持ちを解きほぐし、担任との距離を縮めます。
木工では、のこぎりと金槌を経験します。
鋸の歯は、細かく先が鋭利でないものを使用しています。
ダンボール遊び・木工遊びなどの経験は、2学期の造形遊びに活き、
子ども達が子ども達だけの世界を実現させます。
造形参観では、子ども達の造形遊びの世界に保護者の方を招待します。
(お店やさんごっごや学園祭を想像して下さい)
*大型のダンボールを集めています。(1~2学期間)