子ども達の豊かな創造性と感性とにうったえる取り組みです。
「クリエイティブムーブメント」と「リズムバリエーション」は
カール・オルフの音楽教育を元に、
千里敬愛幼稚園の小谷隆真先生が幼児の発達を踏まえ、
園での活動に適した活動に構成したものです。

「クリエイティブ・ムーブメント:CM」

子ども達の日常的な動きの一部にスポットを当て、
身体を使ってどんなことが出来るかを遊びにします。
2人組やグループでも取り組みます。
教室で椅子をコの字型に並べ、裸足で活動します。

 

 「リズム・バリエーション:RV」

音楽に合わせてステップを踏み、
リズム感・フレーズ感(音楽の流れ)・ダイナミクス(強弱など)を知らせる遊び。
リトミックが音楽の理屈を動きを通じて知らせようとするあまり、
低年齢の子ども達には窮屈でも、
この活動は子ども達の感覚に直接訴えるので、
年齢に関係なく楽しめます。
やがて音楽を感じて子ども自身がステップを工夫するようになります。
やがて劇活動に活かされます。
椅子をコの字型にして活動します。

「音遊び」
豊かな感性を発揮し、音楽を楽しんで欲しい。
その願いから、オルフの音楽教育を取り入れ、
音・リズム・楽器との出会いを大切にした活動を行っています。
単なる楽器演奏や、発表のための演奏ではなく、
様々な楽器を使った遊び(サウンドプレイ:SP)を、年齢に応じて行います。

 

「劇」
CM・RVの取組みと、子ども同士の関わりによりる園生活の集大成。
それが保育発表会での劇です。
衣装もなく、台詞も最小限ですが、
子ども達が活き、子ども達と教員とが一体になり、
大きな感動をもたらす活動です。

クラス毎に全員で取り組みます。
担任の弾くピアノを頼りに、
子ども達が、それぞれに場面を表現します。
2歳児は1役、年少組は1~2役、年中組は3役、年長組は3役以上をこなします。
衣装はなく体操着で活動し、小道具は子ども達が扱える程度のもので、目印として使用します。
全員が主役になる劇活動です。
題材は2学期末にお知らせします。
発表会当日以外に、作品の途中経過をご覧頂く機会と、
発表会後に役替えをしたminimini発表会をご覧頂く機会があります。